2019年3月6日水曜日

2019 3/5 西伊豆&沼津 やっぱりボウズではなかったが・・

少し春らしくなり、気温も上がってきました。
しかし今回の釣行でまだまだ海は冬のようで結果から言うと乏しい感じでした。
釣れているらしい?東や南伊豆に行こうかと思いましたが、冬は月に一度の釣行ペースなので西伊豆の状況が気になって・・
海を眺めに行ってきました笑


AM1:30到着
激しい雨風のため車内で休むことに。
AM3:30頃予報通り雨も止み、風も苦しくなくなったので始めます。
ヤリイカは終盤のようでカマスでも釣れないかと思いつつウキ釣りでやってみます。
一回何かのアタリがありましたが乗らず、後から来たエギンガーの方が粘って一杯だけヤリイカを上げてました。

朝になりそろそろノッコミの時期かな?と思いつつカゴ釣りをやっていきます。
潮は超澄んでます。
しかし、天気は快晴で非常に良いもののそれが仇となってか?全くアタリらしいものがありません。

時折小魚にエサを取られる程度です。
ハリだけが傷ついていたのでカワハギが居るのかもしれません。

前回の謎の大物の事もあるので、かなり集中してAM6~12時まで真面目にハリやタナを変えたりフロート付けたりしてやりましたが一度もウキは沈まなかったです。



これでは不完全燃焼なので、原田釣具に寄って再度コマセを購入、沼津でリベンジします。
PM2:00開始
今回自分は初めての釣り場で、ラブライブサンシャインの聖地。自分が入ったところで60~70m距離の水深は16m程。左に流れると12m程度、浅いところには海草帯があるようです。
割と人が居なかったので殆ど流したい放題。超遠投有利の釣り場らしかったのですがそこまで飛ばせないので、ムリせず自分の距離でとにかく同じところに打ち込み畑を作っていきます。

しばらくすると反応が出てきますが、ハリスがかなりの確率で傷ついているのでフグと思われます。
そのうちハリが取られるようになったので、投げ込むポイントを浅い方に変更して攻めていきます。

潮も左沖に向かって流れ出し、いい感じと思ったところでウキに不審な動き・・
ちっさいカサゴが付いてました。その後もウキ入ったと思ったらベラでした。

PM6:00まで粘りましたがワンチャンはありませんでした~。海風に当たり、気候も良くってかなりリフレッシュにはなりました笑
悲惨なのは一緒に行った友人でして、ヤエンに終始して頑張ってましたが何とノーバイト!なかなか厳しいですねこれはw

まぁ次行く時には色々状況が好転してることを祈ります!



そうそう!駿河湾フェリーですが県の管理で存続されるようでよかった!
通称「魚を連れて来る船」今後もたくさん魚も連れてきてください~!

持ち帰り釣果:なし

<本日の反省>
釣れないときも、それなりの覚悟と集中力を持って!
今回は終始釣りに集中して色々試せたことは良かった。最初雨風で少し休んだのはかなり大きいかも。
次は釣果に繋がりますように・・。

夜釣りタックル:磯風3号5.3遠投
Abu Garcia Cardinal SX5000-C
レグロンサスペンド5号
Hapyson YF-8613電気ウキ3号、錘2号、タチワイヤーハリス矢引き、タチウオ針SS、キビナゴエサ

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
Abu Garcia 6500CS ROCKETグレーシルバー
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
原田ウキ15号、よ~ぜふカゴブラック15号、ハリス3.5号3~3.5ヒロ、インブライトマダイ8号、伊勢尼ブラック9号、太地ムツ13号
オキアミクラッシュコマセ、オキアミ付けエサ

2019年2月6日水曜日

2019 2/5 西伊豆 2019初釣行 ボウズではなかったが・・

今年初釣りになります!
今年もたくさん釣りをして、楽しみ・学んでいきたいと思います!よろしくお願いします。

さて久しぶりの釣行は西伊豆方面へ
新しく出来た伊豆縦貫道、天城北道路のお陰で驚くほどに西伊豆へのアクセスが便利になっていました。感動!!
いつもより少し早く、そして何より楽に釣り場に到着できました。

AM2:00開始
先行者お二人、ヤリイカ狙いです。
今回自分も初のヤリイカを釣るためにエサ巻きエギなど用意してきました。
イカ釣りはルアーみたいにすぐ釣りを始められてコマセで手が臭くならないのもいいですね。

20mくらい投げて軽い仕掛けで頻繁に誘いを入れて手前へ探ってゆきます。
最近は渋いようで全然アタリらしいアタリがありませんが、時々ウキが変な動きをするんです。
あれがもしかしてアタリなのかな?と思いますが3号のウキですのでさすがに何らかの変化は出てくれるのでは?と思います。風が少しありますのでそのせいかも。
しばらく流していてやっぱり変な動き(ウキが倒れそうになったり、一瞬シモる)があり波か潮の影響かと思いつつも一応合わせてみます。
特に何かが掛かった手ごたえはなく回収してみると・・
正体がわかりました!ヤリイカじゃない!!
なるほどこれではウキを沈められないですね・・笑
一晩皆で粘りましてこの場所全体で自分と、先行者の方でヒイカ2匹の釣果でしたw
ボウズではありませんでしたが、こいつは渋い!!!w


朝になり一応カゴ釣りをしてみようと仕掛けを準備します。
地元の常連さんも釣れていないようで誰一人来ません。9時過ぎに唯一お一人地元の方が見に来てくれました。
久々の釣りですので、フォームチェックを含む投げ練だと思い淡々と投げ込んでいきます。やっぱり両軸でカゴを投げるという行為自体楽しい!!

友人は本日ヤエンで、2度ほどアタリはありましたが、かなり小さいようでしばらく待ってヤエンを入れても頭を少しかじられているだけで針がかりはしませんでした。



AM10時頃になり、11時から行きつけの昼食屋さんが空くのでそろそろ片付るかい?なんてことを話しながら貸切の堤防で友人と2人話していると、突然事件は起こりました。
投げ込んで、煽ってコマセ出して、竿掛けてラインアラーム入れて、一服しようかなぁって瞬間、アラームが凄まじい勢いで鳴きました!!ギャー!!!って。

え?え??
あまりの事にビックリして竿を立てます、クラッチを入れるととんでもない引きに更に動揺。なんとか初動の突込みをかわし巻き始めますが、ブレーキが引きに対して弱過ぎてスプールが滑る。
容赦ない引きに主導権を奪われてしまいます。
突然、魚がこっちを向き30mほど手前まで一気に寄せましたが、次の瞬間強烈に反転され、ヤバイ!さっき巻けなくてドラグ締め過ぎてる!!って思った瞬間に、無念のフックアウト・・・。

昔、本ガツオを掛けましたがその時より引きは強烈だった印象です。
あのスピードから青物であることは間違いないと思います。昼に来た地元の方と推測するに、投入直後に掛かった事、つまりカゴを棚まで追って来た事、巻いてるとき尾を振る挙動が手に伝わった事、これまでの場所の情報などからはぐれワラサの可能性が一番高いと・・。

いずれにしても獲ってないのでなんとも言えないですがこいつは悔しい・・!!!
完全に油断してました。

その後もしばらく続けますが、2度目はあるはずもなく終了となりました。

釣果:ヒイカ×1

<本日の反省>
初めてのイカは釣るには釣れたが・・これじゃない感がw悔しい・・。でもヒイカが釣れたので仕掛けは問題ないっぽい。もう一度満月に狙いに行きたい!
そしてカゴ釣りの方は、本当に不意を付かれて、まず合わせを入れそこなった事にフックアウトの大きな原因がありそう。そして針の部分でカットされており(それまでハリスに傷はなかった)ハリスを良く濡らして伸ばして針と結ばなかったこと、これも原因。
そして一番は魚が掛かるなんて思っていなかった事・・。これが一番の原因です。
一度もウキが沈まない中、終盤まで集中を保つ事って本当に難しい!いつもは竿手持ちでやるのに、この日はあんまり無反応なのでついつい竿掛けに置いてしまった。
これはかなり悔しい釣りとなりました。そして学びでありました。地元の方が「そんな事を何度も繰り返して上手くなっていくんだよ」って言ってて少し救われました。
次は必ず!!!!!

イカ釣りタックル:磯風3号5.3遠投
Abu Garcia Cardinal SX5000-C
レグロンサスペンド5号
Hapyson YF-8613電気ウキ3号、錘2号、ハリス2.5号矢引き、エサ巻きエギSサイズ

ササミエサ
両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
Abu Garcia 6500CS ROCKETグレーシルバー
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
原田ウキ12号、よ~ぜふカゴブラック15号、ハリス3.5号3~3.5ヒロ、インブライトマダイ8号、太地ムツ13号
アミエビアキアミ混合コマセ、オキアミ付けエサ

2018年12月15日土曜日

2018 12/13~14 南伊豆~東伊豆 地磯 今年最後の釣行

あっという間の一年、今年も素敵な釣りがたくさん出来ました。
今年最後の締めに友人と二人での釣行です。

12/13日の昼過ぎに集合し、南を目指します。夜の早い内は風の影響もなさそうなので先週よ~ぜふさんと一緒に入った磯を目指します。

17:30現着
すっかり暗くなっていましたが、今回二人で目的の磯を目指します。
今年何度か磯でのカゴ釣りを経験して、装備があれば磯初心者二人でも入れそうな磯の目星がついてきました。
我々は普段夜中に釣り場に入ることが多いので、夜の磯に無事に入釣出来るかの訓練でもあります。今回は道に迷ったら引き返して防波堤に行こうと考えていましたが、先週の記憶を頼りに一発で目的地に入れました。

釣り場のレパートリーが増えて嬉しい!

仕掛けを準備して投げ込みますが、先週に引き続きあまり潮が動いていません・・。
エサは残ることもあるので、ハリスや針にあれこれ考慮しつつチャンスを待ちます。

2時間ほどやっていると潮の微妙な左流れが発生、とたんに友人のウキが入ります、割と良い引きのようで下に突っ込んでいて手前までくると猛烈に横に走ります。もう一歩というところで魚の姿を確認できずフックアウト。
根ズレで切れたわけではないので、もしかして口の弱いあの魚だったのかもしれません・・しかし後の祭り。

そのすぐ後にもう一度友人が掛けますが今度はすぐにフックアウト、やはりこれはサバじゃない可能性が高い。

今がチャンスと自分も打ち込みますが、こんな時に限ってフグに針を取られたりと、時間を使ってしまいます。
そのうち風が出てきて20分もしないうちに爆風になり、仕掛けが同調しません・・。
しばらく粘りましたがかなりやり辛いのと、初心者二人では危険もあると思い、22:30頃撤収です。



まだ時間はあるので作戦会議をして、風裏となる東伊豆の開拓をしてみることにしました。
東の人気堤防、伊東港は追い風ですがかなり強いのと、人が全然居なかったので二人とも「なんかここじゃない気がする」と思い、別場所を目指します。
前から入ってみたかった割とイージーな地磯を実際歩いて下調べし、ここなら行けそうと判断、風も全然吹いていません!

AM2:30第二ラウンド開始
先行者がなく自分達で考察するに、足場が高いので海水を汲むのにも延長ロープか諦めてその辺の水溜りを使うか、バックスペースに敷物をしないと絶対に竿を折ってしまう場所。ウキの見方もいつもと違って見下ろすので注意。それでも一回仕掛け引っ掛けてダメにしました。
竿折れなくて良かったですが、投げる体勢に入ったらすぐに投げること、そよ風でもハリスは簡単に動くのでカゴを絶対に敷物含め地面につけない、フルスイングしない。

開始早々にアタリがありますが掛からない、インブライトでは全然エサが残らないので針は伊勢尼ブラック、潮も緩いのでフロートもブラックを選択して少しでもエサ取りをかわしていきます。
ハタンポやムツッコがたまに釣れエサ取りの正体は判明。
更に棚を上げていき、約4mとします。
その時ウキがジワッと入っていく、足場の高さからタモがまったく届かない、ハリスは取り替えたばかりで傷なしのはず&少々強気の号数ですので針は飲ませた方が良いと一瞬の判断、一時おいて合わせます。

引きは強いですが、本日から地磯やいずれ行くであろう離島用にリールtailwalk「ELAN SUPER WIDE POWER」 を導入。8号ラインを巻いておりドラグ力・一回転の巻上げも6500よりは全然上なので、かなり余裕を持ったやり取りができます。
高いところ抜き上げようとしますが、魚が大きくて空中でリールが巻けない、もうこれは仕方なので、切れないことを祈りながら無理やりラインを持ってたくし上げます。

なんとか上がってきたのは40cmオーバーの巨大なサバでした!!
体高は細いイナダくらいあります。
いやぁ今年最後の釣りでボウズじゃなくて良かった・・。

その後すぐに友人も大サバを追加、自分ももう一匹33cm中の大サバくらいを追加。空中でリールが巻けなくなるのさっきのやつ位でした。

夜明けになり、エサ取りと風もきつくなってきたので素晴らしい日の出を見届けてAM7:00撤収しました。


なんとか今年最後の釣りを嬉しい魚で、冬にしかも地磯から仕留められてよかった。
来年に繋がる素晴らしい釣行でした。

でかいサバは所謂トロサバってやつで、物凄い脂の乗り方。しめ鯖にして食べてますが脂が凄くて霜降り食ってるみたいで逆にあんまりたくさん食べられません笑、サバってこんな美味い魚なんだな。

釣果:
南伊豆 なし
東伊豆 サバ2匹
ハタンポ・ムツッコ(リリース)

<本日の反省>
磯歩きの足の使い方が分かってきた、前回よりかなり負担が軽減した気がする。ELANについては8号ラインで前回より飛んでいたので、このリールとABUで投げ方をもっと良くしていきたい。ABU6500と使い分けていこうと思う。

<今年の反省>
・両軸操作は大きく安定した。ハリス絡みとかトラブルもかなり減ったし、もっと全身を使って竿のバウンドを生かし飛距離をもっと稼いでいきたい。
・ただ投げてウキを見ているだけでなく、潮を読み海中をイメージし、どういう風にしたら狙う魚にアピールできるのか、エサ取りをかわせるのか一歩進んで具体的に考えられるようになった。勿論釣れない時もあるけど、難しい状況も楽しめるようになってきた。確実にボーズが減っている。どんどん知識や対応力を増やしていきたい。
・簡単なアプローチ場所であれば地磯でカゴ釣り出来るようになった。来年も色んな磯にトライしてみたい。
・イサキ・ヒラスズキ・タチウオなど初魚種にもたくさん巡り合えた。特にイサキは磯でしかなかなかお目にかかれない魚種。そしてトップシーズン中ではあるけどタチウオ釣りでちゃんと結果を出せた。
大きいタイは釣れなかったけど、これはまた来年!目指せ60cmオーバー。そして来年はシマアジを仕留める!!そして離島に挑戦したい!!

上記全ては、堤防でお会いした優しい皆様、カゴ釣りブログを書いている皆様、そしていつも釣りの素晴らしさと奥深さを教えてくれる、よ~ぜふさんのお陰。
伊豆半島の海で釣り出来て嬉しい。仕事が立て込んでいても上手く自分の時間を作れるようになってきたし、思うようにいかない事があっても、堤防や磯を歩き、匂いや音を感じ、海の景観、魚が「さぁやろう!」って気持ちにさせてくれる。
自分を突き詰められる最高の趣味を持って良かった。
我々ミュージシャン釣りチームで釣りに行き始めて5年、ブログ著者nishiがカゴ釣りを始めて来年で4年目。もっともっと突き詰めていきたいと思います。良いお年を!

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
tailwalk ELAN SUPER WIDE POWER 71BR
レグロンネプチューン8号、誘導天秤(半誘導)
ウキICBM12号、よ~ぜふカゴ夜光2型12号、ハリス2.5号2ヒロ~3ヒロ、3.5号1ヒロ、マダイフロートブラック、インブライトマダイ9号、伊勢尼9号、極アジ9・10号
クラッシュオキアミ&アミエビコマセ、オキアミ付けエサ

2018年12月7日金曜日

2018 12/7 南伊豆地磯 withよ~ぜふさん

本日は友人と釣行予定で、どこにいこうかな~と思っていたところ、よ~ぜふさんのブログに釣行予定の文字が!
これは!と思い連絡してご一緒させて頂きました!!

よ~ぜふさんが早めに釣り場に向かってくれ、候補のポイントがウネリでダメそうだったので夏にご一緒した磯に集合となりました。

AM0:00過ぎ駐車場到着
磯装備を準備して歩き始めます。
伊豆は東京よりずいぶん暖かく、フル装備の防寒ウェアでしたので凄い暑い・・
林道に入って目印を頼りに森を下っていきます。
少し迷いましたが無事に磯の入り口を発見!まずは自分一人が下っていきます。
あれ?ロープがある。誰か設置してくれたのかな?

・・・

やたら急な下りだなぁ

・・・

もはや崖だなぁ

・・・

何かがおかしい!!!!!こんなキツイ場所じゃなかったはず

そう、ここでやらかしました。入るポイントは森を下った左側になるのですが、ヘッドライトのみの暗闇の中、目印を間違えてかなり右側に進んでしまったようです。
そこにも別の目印があって入り口の木の種類も同じだったことから、自分達は入るべきポイントの隣、地磯ガイドでもかなりレベルの高い地獄磯に入釣しようとしていたのです・・
本には渡船利用した方が良いと書かれているくらいで、ロッククライミングの方が行く場所だそうですwそんなん磯初心者が背負子背負ってとか絶対ムリなやつ。

友人に竿などを投げ渡して何とか戻れました。
体力といういうより暗闇の森の中で迷うという事態に精神的にかなりやられました・・
一人じゃなくてよかった・・


何とか元の林道に戻って、先に釣りしているよ~ぜふさんに電話で泣きつきました。
よ~ぜふさん林道まで迎えに来てくれて本当にありがとうございました。結局林道から5分もいかないうちにポイントに到着w
時刻はAM1:00
一時間近く森で彷徨いましたwもう二度とこんな経験したくない、死ぬんじゃないかと本気で思った・・ルートは慎重に・・。



さて、息を整えて仕掛けを準備します。
よ~ぜふさんは既に大きなイサキをお持ちです。
自分も投げ込みます、潮はゆったりと左ですが相当緩い、エサは残ります。
友人は一投目で特大サバを釣り上げます。

どうも本日は遠投有利みたいで、よ~ぜふさんはイサキや大サバを追加、友人も2本目の大サバを上げます。
自分のウキだけ二人より15mほど手前にあり、どうも動きがありません。
そのうち潮も止まってしまい、風が潮とは逆に吹いてきてウキが押されます。仕掛けが同調しません。全員のアタリが遠のきました。

よ~ぜふさんに暖かい飲み物を淹れて頂き、三人で休憩しつつまたボチボチやりつつ朝を迎えます。
自分もハリを変更したりフロートを付けたりタナを変えたりと対応しますが、なかなかウキが動かない!

朝マズメで予報通り更に風が強くなり、最後にイサキを追加したよ~ぜふさんは先に納竿です。

自分達は更にAM9:00まで粘りますが、その後はエサ取りが出てきてイカタンを付けても瞬殺されてしまい追加は出来ずに終了です。
あの魚の回遊はありませんでした。そう簡単には出会えないですね~。

結果はボウズですが、またよ~ぜふさんの釣り方から色んな事を勉強させて頂きました。そしてなにより次に繋がる楽しい釣行でした~!!

潮の満ち干きと潮の流れというのはあまり関係がないこと、潮の流れが緩く厳しい状況の時の対応方法。これから狙える魚達などなど、ワクワクするお話がたくさんでした!


帰りに有名な下田「とんかつ一(はじめ)」に寄ったのですが、入店して「初めてです!」って言った瞬間にミックスフライかと思いきや、今日は牡蠣があるから~って言われ牡蠣フライミックス定食になりました。
特大牡蠣フライ10個以上入ってました。牡蠣もヒレカツもとても美味かった!!そしてまだ11時台なのに皆にカキフライ盛りすぎて、あと1人分しか無いって・・。初めての強制お代わりも発動し、とんでもないエンターテインメントなお店でした。満腹中枢より早く食べないといけないお店、腹がちぎれる。
大食漢なら是非~。

釣果:なし

<本日の反省>
結果は変わらなかったかもしれないけど、もう少しだけ遠くに投げる技量を身に付けないといけない。ちょっと思うところがあるので次回試したいと思う。冬も釣りにいくぜ!
それと夜地磯に入るときは本当に慎重に行動しないといけない。釣りの高揚感で、「あ~多分こっちでしょ!」ってのがヤバイ。

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
Abu Garcia 6500CS ROCKETグレーシルバー
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
ウキICBM12号、よ~ぜふカゴ夜光12号、ケイムラ12号、ハリス3.5号2ヒロ、極アジ9号、下田カブラ夜光、マダイ9号
アミエビコマセ、オキアミ、イカタン付けエサ

2018年11月21日水曜日

2018 11/20 西伊豆

夜がもう極寒です!十分な防寒対策が必要ですね。
もう今年は後何回釣行できるだろうか、月日が流れるのは早いです。

いつもの西伊豆に釣行です!
AM2:00現着

夜は何か釣れないかカゴ釣りします。またハタンポとムツッコに遊んでもらいつつ、イカタンなどエサやら棚やら針やら考えて弄ってみましたがアジにはなかなか巡り合えません。

朝になりますがとにかく寒い、気温ではなく風が寒い!
でも風が袖口から入らないようなウェアさえあれば全然大丈夫です。ワークマンのイージスオーシャンをバイク用に使っているんですがあれなら間違いないです。

本日はチャリコが全然釣れません。自分は朝は20cmくらいのベラ一匹のみ。
皆の竿も沈黙しています。でもエサは殆ど残りません。AM10:00頃やっとウキが入ってカワハギが来たのでお持ち帰りします。

釣りあるあるですが、昼になりそろそろやめようとコマセを先週もご一緒した日光の方に貰って頂いて竿を畳んだ瞬間にヒラソウダやムロアジの回遊が始まりました笑。
日光の方は明日もやるそうで持ち帰らないとの事で一匹お恵みを頂きました、ありがとうございました!!
棚は殆ど表層でした。

本日友人はアジも買い込んで初めてのヤエンデビュー。アタリはそこそこあったようですがヤエンを掛けるのがとにかく難しい釣りで、地元の猛者の協力でヤエンを入れて頂き、なんとか1匹を手にしました!
まぁ殆ど地元の方が釣ったみたいなもんですが、堤防の常連皆様から「バラシ10割の男」という超不名誉なあだ名を付けられていましたがw「バラシ9割の男」に改名されましたw
めちゃ面白そうな釣りでした~!!

いつも皆さんとわいわい楽しい釣りができる素晴らしい場所。本日は先週ご一緒した日光の方と色々お話させて頂き、毎回会う伊豆に御住まいの方にウキとカゴを超特価で譲って頂きました。ウキ凄い使いやすい!大事にします。
楽しいお話から、魚の狙い方、投げ方講座まで皆様いつもありがとうございます!
またお邪魔します~。

釣果:カワハギ
ヒラソウダ(お恵み)
ハタンポ、ムツッコ、ベラ(リリース)

<本日の反省>
久々に幻の遠投師匠に会って手首を返さないように投げる意識を教えて頂く、先記した伊豆の方にこの前ブレーキも調整して頂いたお陰で、先日よりも長距離で安定して投げられるようになった。65m平均といったところ。今度は80m安定で、目指せ100m。

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
Abu Garcia 6500CS ROCKET つや消しシルバー
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
YUROウキ12号、原田ウキ15号、譲って頂いた自作ウキ、よ~ぜふカゴ夜光12号、ケイムラ15号、ハリス3.5号2ヒロ、アジ9号、下田カブラ夜光、太地ムツ13号
クラッシュオキアミ&アミエビコマセ、オキアミ、イカタン付けエサ

2018年11月15日木曜日

2018 11/13 西伊豆

もう防寒着が活躍してます。
もうシーズン終盤、前回の西伊豆に釣行です。
AM1:00現着、先行者はエギングの方で移動して釣っており、ベストポジションを確保。

夜はあまり釣りモノがないのでアジ狙いですが、最近は居ないみたいで釣れません・・。
いつものようにハタンポとムツッコに遊んで貰いました。夜明け前にアカメバル?っぽい魚が釣れたので持ち帰ります。
エギングの方は数匹800gくらいを釣っていました!

朝になり、今日も青物狙いでカゴ釣りです。
ここは竿一本に棚を上げてもチャリコが数釣れます笑、また一番大きいのだけ持ち帰ります。
AM9:00頃お隣さんがソウダをかける。
数は非常に少ないですが回遊があるようです。しかし棚を3m~12mにしてもオキアミではエサが残りません。
そこでカブラやイカタンを付けてみます。しばらく流すとウキがスポッといきました!
嬉しいヒラソウダです。
しばらくしてもう一度ウキが入りましたが掛かりが浅かったようですぐにバラしてしまいます。

でもイカタンで流していけばエサ持ちが良いので数少ないチャンスもモノに出来ると思い、投げ続けます。
PM12:00頃に再びウキがピョンピョンします。合わせるとソウダっぽい重量感。今回はハイブリッドマルソウダでしたが、とにかく少ないチャンスをモノに出来ました。

ソウダ二匹は最近マイブームのうずわめしにしました。シーズン終盤で物凄いアブラがのっておりとても美味しかったです。たかがソウダと思うかもですが、状況が渋い中ちゃんと釣ろうと思って釣れるととても嬉しいものです。

友人はカンパチ狙いの泳がせでボウズ、今日は回遊がなく、イカの当たりしかありませんでした。そんな日もありますね。

釣果:ヒラソウダ
ハイブリッドマルソウダ
チャリコ多数(一匹持ち帰り)
アカメバル?×2
ハタンポ、ムツッコ(リリース)

<本日の反省>
エサや仕掛けを工夫してなんとか魚に辿り着けた。
次回はイカもやってみたい気持ちに少しなっている。ただ掛け針を付けた途端アタリがでなくなるのでイカは相当目がいいんだなと思う。
両軸投げは親切な方に教えて頂き、リールのブレーキ調整をしてもらった。投げ方さえしっかりしていれば、自分が思うよりずっとブレーキは緩くてもノーサミングでバックラせずにしっかり飛んでいく!追い風もあり過去最高に飛ばせた。70mくらい出てたと思う。恐れずに積極的にブレーキ調整もしていきたい。
それと顔を上に向けるだけで軌道が良くなる。雲や山など目標物がなくてもこれでいけそう。

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
Abu Garcia 6500CS ROCKET つや消しシルバー
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
YUROウキ12号、原田ウキ15号、よ~ぜふカゴ夜光12号、ケイムラ15号、ハリス3.5号2ヒロ、下田カブラ夜光、太地ムツ13号
クラッシュオキアミ&アミエビコマセ、オキアミ、イカタン、キビナゴ付けエサ

2018年11月7日水曜日

2018 10/30沼津 11/6西伊豆

ここ最近の釣行。

10/30沼津堤防
AM2:00現着
この日は風が非常に強く、予報を見て風裏のポイントに入りました。
追い風ですが夜中より爆風。
今年最後のタチウオ調査をしましたが夜明けまでとっても綺麗にエサが残りましたw
もうそろそろ終わりの時期ですかね。

夜が明けてからのカゴ釣りも追い風のおかげで飛距離は自己新記録でしたが、一度もウキが沈まず、更に体が振られるほどの風になってきたのでこれは危ないし釣りにならないと思いAM9:00には終了しました。
富士山は綺麗でした!

11/6西伊豆
AM2:00現着
夜はアジ狙いのカゴ釣りをしますが、ムツッコ、ハタンポ、ネンブツ等にエサを取られてしまいます。
カブラを付けても同じでエサ取りをかわす事が出来ませんでした・・。

夜が空けて、前日はイナダが釣れていたそうなのでイナダ狙いに定めます。
相変わらずチャリコの攻撃にあいますが、一匹だけまだ持ち帰ってもよさそうなサイズが釣れました。ムロアジなど青物系はなかなか姿を現しません。
この場所は、今の時期深い棚を狙っても基本的にチャリコしか釣れないんで棚は上げております。

AM9:00頃またウキが入ります。
今度は大きいぞ!!って思ったら40cm近いアイゴでしたw
引きは強いので楽しかったです。美味しいそうですが捌くのに神経使うのでリリース。
もういっちょウキが入り今度こそっ!って寄せてきますが友人に「アイゴ」コールを入れられて、きっと良い魚であったろうに35cmのアイゴに変わってました怒w

その後もコンスタントにウキが入り、中サバ、チャリコ等が釣れ、先週は何も釣れなかったので楽しませてくれました。
イナダの回遊はPM1:00の終了までありませんでした。

友人は泳がせをやっていましたが、堤防の呪いを受けカンパチを足元でバラシ・・、イカも3~4回バラシ、地元の常連さんも今日はバラシばっかりで笑っちゃう程釣れてない日でしたw


釣果:チャリコ多数(1匹お持ち帰り)
アイゴ、中サバ、ムツッコ、ハタンポ、ネンブツなど(リリース)

<本日の反省>
風が強い日は釣行を諦めよう。6m予報以上はムリと思ったほうがよい。
西伊豆釣行は一応お土産を確保できたのでよかったけど、なんだか色々悔しさが残る釣りでした。季節の変わり目の釣りは難しい!
両軸は15号カゴだとしっかり安定して投げられるが12号だとバックラッシュしがち。竿を振るスピードとブレーキの締め込みが合っていない事が原因と思われる。改善していきたい。
それと太地ムツ針は本当に良い。エサ付けだけちょっとコツがいるけど、全然飲まれずカンヌキにバッチリ掛かる!

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
Abu Garcia 6500CS ROCKET つや消しシルバー
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
YUROウキ12号、原田ウキ15号、よ~ぜふカゴ夜光12号、ケイムラ15号、ハリス3.5号2ヒロ、下田カブラ夜光、太地ムツ13号
クラッシュオキアミ&アミエビコマセ、オキアミ付けエサ

2018年10月25日木曜日

2018 10/24 西伊豆

もはや夜は寒いですね、天城峠の温度計は10度でした。
久しぶりに西伊豆の釣り場へ。
AM2:00現着

今回はアジ狙いでカゴ釣りをします。
一投目からハタンポに悩まされます。タナを上げても下げてもハタンポが毎投釣れてきます。カブラを着けたところ一回だけ20cm弱のアジが釣れましたが朝から泳がせをする友人に進呈。

夜中に警察が見回りに来てました。この釣り場では初めての事でした。
ルール、マナーを守って楽しく釣りが出来ればと切に思います。


夜が明けてきて、今日はイナダを釣りたくハリスは2ヒロでやります。
朝はチャリコが毎回掛かって、唯一大きかった一匹は持ち帰ります。


青物の回遊は皆無!w
陽が高くなって朝マズメも終わり、AM9:00頃回収中にヒラソウダが掛かりました。
この日、この場所で初めての青物でした。
イカも全然といった感じですが、泳がせチームにはイカっぽいアタリが頻発していましたので居るんだと思います。

そのまま釣れない時間が続き、12時頃納竿でしたが、この辺で近くに入ったご夫婦が凄い!20mくらい投げてムロアジを連発しています。
棚は3m程、ハリスは矢引き程度、長いハリスなんて使っちゃダメとのことです・・w
遠投してもダメ、タナが深くてもダメ、何故ならその場所と深さにムロが溜まっているからなんだそうです。青物なんてカゴに突っ込んでくるんだから1ヒロでも長いくらいだよ~との事です。
地元の釣り方、また一つ勉強しました!


釣果:ヒラソウダ
チャリコ多数、コアジ
コサバ、ハタンポ(リリース)

<本日の反省>
地元の釣り方で釣れる魚を釣りたいなと思う。拘ってその仕掛けをキープするのも良いけれど、頭でっかちにならないように注意したい。両軸については引き手を意識出来るようになってきた。ただあまり意識するとすぐにスリークォーターになるのでスピードバランスが難しい!

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
Abu Garcia 6500CS ROCKET つや消しシルバー
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
原田ウキ15号、よ~ぜふカゴケイムラ15号、ハリス3号2ヒロ、ムツ13号
クラッシュオキアミ&アミエビコマセ、オキアミ付けエサ

2018年10月9日火曜日

2018 10/9 沼津堤防

釣りも面白い季節になってきました。
最近すっかりハマッている引き味、食味共に最高のタチウオ釣りに行って来ました。


AM2:30現着
海は台風の影響はもうないようです。先行者なし、情報が分かりませんがとりあえず始めてみると友人に早速アタリが。
やはりここの魚影は濃い。近投(といっても40m程)の自分にもアタリがきます。前回合わせのスカが多かったので、救世主よ~ぜふさんに合わせ方を教えて頂いておりました。
すかさずラインを張って次の一手を待つと、コツンときまして1匹ゲット!
サイズはF3~4弱ですが、そこから数を伸ばしてゆきます。
タチウオには色んな食い方があって、小さいものはゴリゴリとひったくるような感じが多く、大きいもの方がアタリが小さくコツンと出るような感じでした。
ウキは最初のアラートみたいなもので、アタリが出たらウキの変化に頼らず絶妙な張り具合で魚に違和感を与えず食い込む瞬間を竿で感じ、タイミングを逃さない事を意識。

途中、手が滑ってバックラッシュしてしまい15m程先に仕掛けが落ちます。といている間になんとアタリがあります。本日はかなり接岸しているようです。棚も前回より浅く7m程度でした。

集魚灯に関しては途中スナップが外れてロストしてしまい、明かりはケミホタルのみでしたが本日は全然問題なかったです。友人は集魚灯を付けていたのですが、それよりも自分の方がアタリが多かったかも・・。キマグレな魚ですね~。

短時間でしたが夜明けの5時過ぎまでに次々と追釣し、7匹を釣り上げることが出来ました!
地元の方の話によると、ここはたまにF5どころではない、とんでもない大きさのドラゴンタチウオが出るそうで・・わくわくする話を聞かせて頂きました。


夜が明けてカゴ釣りをしますが、本日は近くで船がずっと漁をしており、なかなか良い時間には投げ込めませんでした。
それでもハナダイの小さいのはたくさん釣れました。青物の回遊はあまりなく友人に大サバ1匹、朝から来た地元のカゴ釣り師さんがソウダ1匹、イナダ一匹といった感じでした。チヌの40cmくらいのも1匹釣れてたので、青物が居ない場合、タイをやるにはよいポイントなのだなと思いました。

最後は泳がせを試してみます。
片づけをしていて目を逸らしているとウキががっつり入っています!根に入ってしまいましたが引きずり出して小さいですがオオモンハタが釣れました。針飲みのため持ち帰ります。
PM12:00過ぎに納竿しました。地元の方にとても親切にして頂き感謝です。
またお邪魔させてください!


釣果:タチウオF3~4弱 7匹
オオモンハタ小
ハナダイ リリース
ウリボウ(泳がせエサ)

<本日の反省>
タチウオのパターンの一つを体得できたことはとても嬉しい!もっと色んなパターンに対応できるようになって出来る限りアタリを逃さないようにしたい。ここの日中のカゴ釣りでは次はしっかりとタイを狙っていきたい。

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
Abu Garcia 6500CS ROCKET つや消しシルバー
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
タチウオ:YUROウキ12号、渚の遠投師集魚灯付きオモリ15号→小田原オモリ15号、ケミホタル、ハリス3.5号1ヒロ先端10cm程をチューブで覆う、ケン付きタチ針、サンマエサ
カゴ釣り:原田ウキ15号、よ~ぜふカゴブラック2型15号、ハリス3.5号3ヒロ、針太地ムツ13号
クラッシュオキアミ&アミエビコマセ、オキアミ付けエサ

2018年9月29日土曜日

2018 9/28 沼津堤防

台風前唯一くらいの晴れの日で釣行してきました。

AM1:30大堤防に入ろうとしますが溢れかえる駐車場・・。
こりゃムリだなって事で別の堤防に行くことにしました。

先行のお隣の方は二本タチウオを釣り上げていました。
自分達も準備して投げ込みます。今日は友人含め三人釣行なので、それぞれ別の棚と距離で攻め始めます。
一投目から自分にアタリが出ました!
幸先よい~!のせられなかったので打ち返し、再びウキが沈んで聞いてみると重さが伝わります。早速F3を1本ゲットしました!
その後直ぐに二本目を釣ります。
よ~ぜふさんのブログに書かれている誘い方で大きく誘った直後にアタリが多くあります。
本日はYURO浮き12号に対して集魚灯オモリ15号、カゴ15号だと沈んでしまいますがギリギリ浮力を受け止めてくれる設定にしており小さい変化も逃さないようにしています。

しかしここから苦戦。アタリは殆ど毎投頻発しますが全然のせることが出来ません。
合わせのタイミングも即聞き合わせから、LEDがじわっと海中に入ってしばらく待っても出てこないので「もういいやろ!」って合わせますがスカっている事、一度は重みを感じますが巻いている途中にテンション抜けてしまう事が多く、なかなか数が伸ばせません。
夜明け前、棚が10m→7mあたりに変化したところでやっと3本目。
それでも友人のおすそ分けも含めて自分は4本ゲットしました。三人で合計13匹釣りました!

今年は好調なようですが、自分的に初めて少ないながらも数釣りができて嬉しかったです。でももっと釣れてたよねこれ・・。合わせなのか?仕掛けや針なのか?課題が残ります。隣は多分お一人で15本は釣っていたかと・・。


さて、朝になりカゴ釣りにチェンジ。
水深は17m程、自分は13mからスタートします。
開始しばらくでマルソウダや中サバが、ここにも居るんですね~。
友人には40cmのチヌが釣れました。カゴ釣りで初めてみました。
自分にも重い引きが!慎重に寄せてきてイナワカとギリギリイナダ40cmを釣り上げました!イナダそろそろ釣りたいなって思っていたので嬉しい~!


AM9:30頃、朝の回遊も終わり更に1ヒロ棚を落とすとチダイ(ハナダイ)の子供が釣れたのでその場所に集中して投げ込むと、チダイより重たい引きが!ゴンゴンと突込みがある!
チャリコ28cmでした!すこ~しずつですがマダイの記録更新!狙って釣れると大きさ関係なく本当に嬉しい。やはりよ~ぜふさんの2型カゴが自分には合っているようで、エサが残っていると信じて流し続けてウキが入りました。
その後マルソウダの回遊はありましたが大きな変化はなく、PM12:00終了。
自分的になかなかの大漁となり、周りも親切な方で素晴らしい釣行でした!


釣果:タチウオ3匹+1匹F3~3.5
イナワカ~40cm2匹
チャリコ28cm
マルソウダ、中サバ(リリース)
<本日の反省>
タチウオのアタリをどう合わせるのか?それとも仕掛けが悪いのか?疑問が残る。
両軸投げは本日は風もなく快調。相変わらずタラシを少々取ることで狙った場所に打ち込めた。
噂に聞いて針をムツ針にしてみたところ、一回だけマルソウダに飲まれましたが他は全てカンヌキにバッチリフッキングしました。これは手返しも良くなり便利!

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
Abu Garcia 6500CS ROCKET つや消しシルバー
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
タチウオ:YUROウキ12号、渚の遠投師集魚灯付きオモリ15号、ケミホタル、ハリス3.5号1ヒロ先端10cm程をチューブで覆う、ケン付きタチ針、サンマエサ
カゴ釣り:原田ウキ15号、よ~ぜふカゴブラック2型15号、ハリス3.5号3ヒロ、針太地ムツ13号
クラッシュオキアミ&アミエビコマセ、オキアミ付けエサ