2019年9月15日日曜日

2019 9/13 沼津堤防

釣りに良い時期になりましたね。自分も乗り遅れないよう参戦です!

久々の三人で
AM2:00現着

まずは好調のタチウオ狙い、今回はソウダをエサにしてみます。
二投目くらいで早速アタリが!今夜も調子良さそうです。
棚や誘いを工夫していき数を伸ばします。
今回は居食いが多く、ウキがほんの少しでも流れなかったりうねりのような不審な動きをした場合も聞いてみます。

途中アタリが少なくなった時間もありましたが、そういう時はルアーみたいにゆっくりエサを引いてくるとガツンとひったくられます。
サイズも立派なF4が混じります。この場所は?台風後なのか?アベレージ型が上がった気がします。

結局明け方まで6匹、友人は8匹でしたが、良いサイズが多かったので満足な釣果でした!!


ウキがうっすら見えるようになり、カゴ釣りを始めます。
一投目から何か大きいのが掛かりますが、またバラシ・・。両軸リールのドラグ調整って本当難しい・・。
その後はいつものチャリコ、チビオオモンハタ、陽が高くなると大きいフグやマルソウダが釣れました。
鯛めしサイズを一匹持ち帰ります。

日中になると潮も殆ど止まってしまいAM11時前半戦終了。


後半は別場所に入ります。
ここではでっかいマルソウダが2匹釣れました。友人はタガベエサで泳がせに終始して夕マズメにショゴをゲット。
またタチの時間がやってきますが今回は諦め、PM6時終了となりました。

釣果:タチウオ×6
チャリコ
リリース:チビオオモン、チャリコ、マルソウダ

<本日の反省>
タチの誘い方パターンの一種を知れた気がする。今後も食いが立ってない時にやってみよう。また居食い対策として、軽い仕掛けだったら反応が変わっていたかもしれないので今度試してみたい。
両軸はやっぱり朝になると疲れてきて軌道が安定しない。竿で飛距離が伸びるというより腕だろうと思うけど、増税前に新・剛弓買おうと思う。

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
tailwalk ELAN SUPER WIDE POWER 71BR
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
昼:会長ウキ15号、よ~ぜふカゴブラック2型15号、ケイムラ15号
ハリス3.5号3ヒロ
インブライトマダイ8号→11号、下田漁具夜光カブラ
オキアミクラッシュコマセ、オキアミ付けエサ

タチウオ:原田ウキ15号、イレクターカゴ15号(エサをしまう用)
ハリス3.5号60cm
タチ針赤
ソウダ、タチウオの尻尾エサ

2019年9月5日木曜日

2019 9/3 沼津堤防

お昼から夜にかけて行ってきました!

PM1:30現着

潮は薄濁りで程よく左へ流れています。
まずはいつものポイントで流してゆきます。
相変わらずカケアガリの所で小さいオオモンハタはヒットしますが、全てリリースサイズ。きっと大きいのもいると思うので、夜とかちゃんと狙ってみたいなと思います。

その内もう一つのポイントが空いたので少し場所移動。

棚は14mで投げ込んでゆくと、ウキが馴染んですぐ横に寝てマルソウダが釣れました。
下まで追ってきたようです。何気に今期初ソウダ笑
タチの餌に持って帰ります。

夕方の良い時間になってきて、リリースサイズのチャリコ。続けてイナワカがヒットしましたが足元でバラシ・・
気を取り直してもう一投して十分に流したところでウキがスパッといって、大きなヒラソウダ!
ヒラは結構下の方まで回遊してるんですね。


基本、タイ狙いでずっとやっていましたが本日は吸い込んで吐いたようなアタリが2回ほどありましたが掛けることは出来ませんでした。


PM6:30
もう日も落ちて電気ウキへ
タイは諦めて、この場所ではあんまり好釣果を聞いたことがないのですが、アタリがあればラッキーくらいの感じでタチウオ仕掛けを投げ込んでみます。
なんと一投目からタチのアタリが!!!
活性が高く、10cm弱とったパイプから切られました。

もう一度仕掛けを組み直して棚は8mくらい取って投げます。タチウオにしては珍しいズバッと消しこむようなアタリ!ウキも浮いてこないので合わせます。
中々良い引き!!上がってきたのはF4の立派なタチでした!!こちらも今季初!大好きな魚なので嬉しい!!

その後もう一本追加後、潮が激流に変わる。投げてもウキが馴染まないほどの速さ。
これは厳しいと思い、浅い湾側を狙っていきます。流れが淀んでいる場所を探して色んなところに投げ込みます。
ちょうど流れが緩い場所を見つけて1分もしないうちにアタリ!!
浅いところまできているようです。よ~ぜふさん曰く潮の速さはあんまり関係ないようですが、ベイトがそこに非難していて、それでタチが集まっていた可能性があるようです。
一つ攻略方法を勉強しました!

その後1時間ほどで潮が緩んで、どこでも釣れるようになりました。
友人は餌を小さめに切ってつけていましたが、大きいほうが圧倒的に有利でした。タラシも大事なんですね。
また途中でサンマが切れて、仕方ないのでタチのシッポを使ってみたんですが、めっちゃ餌持ちも良いし、アタリも多かったです。キラキラ具合ってのも大事なように思いました。

そんなこんなで24時の終了まで7匹、終始活性が高くアタリが分かりやすいものは全て獲れました。それでも15回は合わせミスやハリス切れがあり、まだまだ釣れた気がします。
もっと攻略方法を開拓したいです。

釣果:マルソウダ
ヒラソウダ
タチウオ×7匹

リリース:チャリコ
チビオオモンハタ

<本日の反省>
高活性時はすぐに餌をとられるので割と早めの合わせが重要。それに気がつくまで時間がかかった。また今タチがどのレンジにいるのかこまめに棚を変えてみることが重要。ハリスの長さは全然短くてよさそう。60cmでも問題なかった。
一応自己記録タイの7匹だが、もっとうまくやれば2ケタはいけたなと思う。研究してゆきたい。

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
tailwalk ELAN SUPER WIDE POWER 71BR
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
昼:会長ウキ15号、よ~ぜふカゴブラック2型15号
ハリス3.5号3ヒロ
インブライトマダイ8号→11号
オキアミクラッシュコマセ、オキアミ付けエサ

タチウオ:原田ウキ15号、イレクターカゴ15号(エサをしまう用)
ハリス3.5号1ヒロ→60cm
タチ針赤→銀
サンマ、キビナゴ、タチウオの尻尾エサ

2019年8月24日土曜日

2019 8/21 沼津堤防

お昼から釣行してきました~!
PM2:30現着
久しぶりの堤防に入れたのでやってみます。

先行はルアーの方のみ、シイラが少し釣れているようです。
我々はいつもの場所でカゴ釣りで一応タイ狙いです。

潮は良い感じの左流れです。
14m棚で攻めますが、餌が残らず、フグの悪戯もあります。
これは夕方まで青物でも・・と思い棚を上げて狙いを変えます。

そうして一投目で小さいペンペンが釣れます。

このサイズだと食べるところがないなぁ・・ということでリリースです。
その後もコサバがたまに釣れるくらいでソウダの回遊は無いようです。

すぐに4時も過ぎてきたので、そろそろ棚を落として再開です。
ここは左流れが出ていると19~14mにカケアガる場所で何かしら魚が居ることが多いので、丁寧に何度も同じ場所、同じ範囲に打ち返していきます。
最初はリリースサイズのチビオオモンハタがたくさん釣れます。オオモンは遊泳力が高いので、仕掛けが底をはっているわけではないはず・・。

PM5:30頃、カケアガリで誘うとスッとウキが消えました!
あんまり大きくないけどオオモンハタと引きが違う。。小さいですが鯛めしサイズが釣れて来ました。ちゃんと狙って釣れると嬉しいなぁ!!

その後友人も一匹追加、自分もサイズアップを狙って投げ込みます。
ラインアラームをセットして、他の事をしていると突然ギャー!!っとアラームの悲鳴が!!
ここでいつもの悪い癖で、焦ってクラッチを切ったままアラームを解除してしまい軽いバックラッシュ・・、解いてる間に突っ込まれて仕掛け一式持っていかれてしまいました(泣)
ラインは根ズレでズタズタに、しかもその後のラインの点検が甘くて、仕掛けを組み直して投げた瞬間にもう1セット全ての仕掛けが飛んでいきました・・(泣)

そんなこんなで手間取っていたら日が沈みまして、雨も降ってきて1ラウンド終了・・。


2ラウンド目はタチウオで有名な護岸でやりますが、まだここには居ないようで2時間ほどやって一回もアタリがないので終了となりました。

釣果:タイ足裏サイズ
コサバ、チビオオモンハタ数匹

<本日の反省>
大物のアワセ手順はしっかりと、アラームは切らずにとりあえずクラッチ入れて合わせよう・・。今年の2月、5月に掛けた大物もこれでばらしたんだよなぁ・・次回こそは凡ミスをなくすぞ!!

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
tailwalk ELAN SUPER WIDE POWER 71BR
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
昼:原田ウキ15号、よ~ぜふカゴブラック2型15号
ハリス3.5号3ヒロ
インブライトマダイ8号→11号
オキアミクラッシュコマセ+アミエビ+夜釣りパワー白(微量)、オキアミ付けエサ

2019年8月17日土曜日

2019 8/14 福井 敦賀堤防 キス釣り

久しぶりになってしまいました・・。
最近釣りに行けておらず更新が止まっていました。

8/1に一度大堤防に伺ったのですが、ソウダの回遊もなく、タチのアタリも一度も無く釣果はコアジ2匹だけだったのでブログネタにもならず・・笑


さて今回は年一の楽しみ、お盆帰省でキス釣りに出かけてきました。
今年は昼からの夕マズメ狙いではなく、AM5:00現着、朝の良い時間を狙います。

海水浴場の隣ですが、朝はまぁまぁの釣り人がおりジギングとキス釣りの方が居ました。
ジグの方は全然釣れてなかったですが、普段はサゴシとマサバの回遊があるみたいです。

キスの最強餌であるチロリを使って投げ込みます。
3色半くらいでアタリますが、キスっぽくない・・
小さいチャリコの3連でした。メゴチの小さいのも釣れました。
毎年外道が釣れた事がないので、怪しい予感・・。

餌とりをかわすために高速でサビいてゆくと、しばらくしてやっとキスのアタリですがサイズが小さい!
例年この季節のアベレージは15cm~なのですが今年は成長が遅いのかな・・。
その後もベラ、オハグロなど外道が多く、たまにピンギスがついてきます。
9時くらいに完全にアタリがなくなり、海水浴の人やファミリーフィッシングも増えてきたので、早々と撤収。
なんとか小さいタコも釣れて、キスは13匹の釣果でしたが今年は25cmオーバーは出ませんでした。

でも今年も何だかんだで楽しめた釣りになりました!!
これからも毎年いけるといいな~!!
8、9月は伊豆方面にもたくさんいけるよう時間作るぞ~♪

実家の車ももう20万キロ、自分が大学の時からある車なのでよく働いてくれました!!記念にパシャリ!!
ダブル虹も!!良いことありますように、家族・友人が健康でありますように。


釣果:キス13匹
タコ1匹
<本日の反省>
青イソメ餌の人は外道ばっかりで、チロリを持っていって良かった。


投げタックル:
オリムピック製20年程前の投げ竿3.6m
Abu Garciaカーディナル5000 テーパー砂紋1.5号 デルナー天秤23号
市販の三本針キス仕掛け7号
チロリエサ

2019年6月19日水曜日

2019 6/18 伊豆半島

いつもの夜中集合で行ってきました!
AM2:00 最初のポイントに到着。

何度か行った事があるんですが、森を抜けるのでまたちょっとだけ道に迷いましたがなんとか20分ほどで到着。
最近明るくなるのが早いので急いで準備してイサキを狙います。

潮は殆ど動いていない状況ですが、早速友人がイサキを上げます!

しかし自分は投げ込む場所がよくないのか?エサを取られるばかりでたまにフグの攻撃にあって針が無くなってしまいます。
開始から2時間しないうちに夜が明けてきてしまいました、イカタンにしたり誘いを変えたり色々したのですが、残念ながらイサキタイムには間に合いませんでした・・。

朝になるとコサバ&フグの猛攻が始まります。どうにもエサが届かないいつもの状況です。
そんな中朝マズメに友人がメイチダイをゲット。そして結構な引きの何かをバラします。

自分も投げ続けますが、その後は魚っ気がなくなり平和な海になってしまいました。
AM10時で一旦引き上げて昼ごはん&作戦会議。
今日は夜までやれるので付近の別ポイントに移動します。



PM13時第二会場到着狭い場所ですが幸いな事に先行者無し。
場所を確保して自分以外の2人はエサを追加にしに行ったので戻ってくるまでポイントを耕します。
水深は深いところで6m。各所に根が点在しており3mくらいに起伏している場所もあり、複雑な海底状況のようです。これは期待!!

棚は1ヒロ、ハリス2mくらいで始めます。最初からフグの猛攻撃を受けますが信じて投げ続けます。
丁度友人達が戻ってきてさあというところで、いきなりウキが入ります!
この引きは恐らく・・!!しかし起伏している根に回り込まれてフックアウト・・。
でもこれはチャンスとすぐに仕掛けを組みなおして投げます。
その直後、投入→展開→誘い、その間20秒ほどですがウキが戻ってきません!
合わせると確かな手応え!!!次は絶対に負けない!!!!!

強烈な引きにドラグも少しだけ出ます。とにかく下へと元気よく突っ込む!!なんとか根をかわして上がってきた魚を見て興奮。最後はタモ入れしてもらい、遂に念願のシマアジを釣り上げました!!!!!

針が飲まれていたので取れた魚でした。
強烈なファイトにとにかくビックリしました!!!

その後友人も3ヒット2ゲットでしたが、夕方から来たヒラマサカゴ師の達人さん曰く、もうそろそろシマアジの時期は終了とのことで回遊は少なくなったそうです。
ギリギリ間に合ってよかったとホッとしました・・。


ジャミシマサイズですが、念願の初魚種を釣り上げることが出来本当に嬉しい!!!
それにしてもこのサイズあの強烈な引きって事は、3~4kgサイズって一体どうなってしまうのだろう・・と想像して益々島に行ってみたくなりました笑


釣果:シマアジ
イサキ(友人のおすそ分け)


<本日の反省>
ハリを小さくして飲ませたことがよかった。あの引きで口が柔らかいなんてなんて釣り難い魚なんだ・・wまたこの時期は投入後1分が勝負、1分くらいでさっさと諦めてとにかく打ち返すことが勝負のカギとなった。秋はもっとサイクルが短く一発カゴで投入直後30秒でダメだったら回収とヒラマサ師さんが言っていたので打ち返しの耐久力も重要となると感じた。
次は数を取ることを目標に釣りを組み立ててゆきたい。
またライトタックルでバラシを少なくするのも考えてゆけるなと思った。


軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
tailwalk ELAN SUPER WIDE POWER 71BR
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
夜:ウキICBM12号、よ~ぜふカゴ夜光2型12号
昼:原田ウキ15号、よ~ぜふカゴブラック15号
ハリス3.5号2ヒロ→2m
インブライトマダイ8号、伊勢尼黒8号、ケミブライトチヌ2号
アミエビコマセ+夜釣りパワー白、オキアミ、イカタン付けエサ

2019年6月8日土曜日

2019 5/31 南伊豆

バタバタで遅くなりましたが先週の釣行記。

リミットは朝までの弾丸釣行。
友人と2人で先日よ~ぜふさんに案内して頂いた磯に入ってみます。
AM1:00到着
支度をして投げ込みます。

2投目で早速ウキが入り30cmくらいのイサキが釣れて来ました!!
その後もコンスタントにイサキが続きます。自分は夜中電話が掛かってきてイヤホンで電話しながら釣りをしていたんですが、それでもバラシ2回ありで3匹は確保しました。
友人は6匹でした。

で、電話の最中なんですが、またウキが入ったので合わせると明らかにイサキとは違う強烈な引きが!!!
しかし突然のことにびっくりして、ドラグを出してしまいました。
走られてフックアウト、根でハリスがズタズタにやられていました。間違いなくヤツかと思いますが、獲ってないのでなんとも・・。

小さい針にして飲ませて強引にやり取りしなきゃと反省。

強烈なアタリは残念ながらそれ以降はなく、空が白んでくるとコサバの猛攻撃が始まります。AM8時まで粘りましたがもうどうやってもエサが届かず、途中入ってきたルアーの方2人も今日はダメっぽいとのことで撤収しました。

イサキは釣れたので良かったんですが、次こそは仕留めたい!!!


帰りに付近の堤防を見に行きましたが、本日はまだ回遊がないようでショゴが釣れているのを見た程度でした。
この付近の海はそんなに深くないので棚を5mより上げなかったのも、もしかして釣れなかった原因かも・・。今度は状況見て1ヒロくらいまで上げて攻めてみよう。
あと潮がぶつかる場所をよく読むこと。

釣果:イサキ ~30cm×3匹
カタクチイワシ、コサバ(リリース)


<本日の反省>
磯歩きは大分楽になってきた。足袋でも足が痛くなくなってきたので足の使い方が少し分かって来たんだろうと思う。
しかし憧れの高級魚と巡り合いたかった。。もっと工夫して必ず釣り上げるぞ!!!

軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
tailwalk ELAN SUPER WIDE POWER 71BR
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
夜:ウキICBM12号、よ~ぜふカゴ夜光2型10号
ハリス3.5号2ヒロ
インブライトマダイ8号
アミエビコマセ+夜釣りパワー白、オキアミ、イカタン付けエサ

2019年5月23日木曜日

2019 5/22~23 南伊豆地磯 with よ~ぜふさん

弾丸釣行で今朝まで行ってきました。これから仕事です笑

今回は楽しみにしていたよ~ぜふさんと一緒の釣行!

21時前に現着しますが目的の磯に渡るには時間が掛かりそうなので、これから入るポイントの足場や、近場の他のポイントなどを案内して貰いつつご飯休憩も。楽しいお話聞かせて頂きました!!

数刻後「そろそろでしょう!」との事でいざ出陣。
初めての場所はドキドキします!よ~ぜふさんに「背負子の荷物が大分軽くなっていますね」って言って頂き、自分なりに工夫した甲斐あったなと嬉しかった!
準備と撤収時間ももっと考え抜いて時短して、釣りしている時間を増やすことを目指します。


だがしかし海は先日の嵐の影響が残りとんでもないウネリです。3~4m以上ある我々の足場まで這い上がって洗っていきます。波が来そうで針結ぶ時とか海から目を離すのが怖いw
一応よ~ぜふさんにこの場所って普段からこんな感じなんですか?ヤバくないですか?って聞いたくらいです。大分ヤバイ日だったようです。

後ろに下がって安全なところから始めますが、海がもみくちゃにされているようで魚っ気が全然ありません。
潮も下っているし、風も全然ないんですがしばらくすると段々ウネリが高くなってきました。
これはそろそろ限界との事で第一ポイントは2時間ほどで撤収します。


昨年からプールのお陰で体力が付いたのでwこの余力なら第二会場にいけるぞ!!
AM1時頃現着
こちらも初めての場所です。超有名磯。
ここもウネリがあるので高いところに連れて行ってもらいます。海まで10mくらいある感じです。
最初いい感じの潮目が出いてたのでその辺りを中心に攻め込みます。
しかし、ここも段々ウネリが大きくなってる気が・・高さ7mくらいの足場まで飛沫被ってる・・。気が付けば海は一面サラシで真っ白です。荒海の恐ろしさを垣間見ました。
しばらく流しますが、やはりこの状況では厳しいとのこと。朝マズメにはまだ早いですがAM4時撤収しました。

釣果:なし

<本日の反省>
両場所共にエサ殆ど取られず、荒海で魚が沖へ出てしまったとの事です。
でも今回新規開拓がたくさん出来たことや色んなお話ができて充実の時間でした。釣果はありませんが、こういう日があるからリベンジに燃えます!!
よ~ぜふさんありがとうございました!!また行きましょう~♪次回こそは!!!

軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP

tailwalk ELAN SUPER WIDE POWER 71BR
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
夜:ウキICBM12号、よ~ぜふカゴ夜光2型10号
ハリス3.5号3→2ヒロ
インブライトマダイ8号
アミエビコマセ+夜釣りパワー白、オキアミ付けエサ

2019年5月10日金曜日

2019 4/23&5/7 西伊豆

前回今回とまとめて
両方とも目立った釣果はありませんが・・

4/23
大人数の4人での釣行
前回タイを釣った場所に入る。
明け方から休憩を挟んで夕方まで必死にコマセを打ち込むが、ウキは動かずコサバが多くエサが何やっても残らなかった・・。
ヤエンの友人は1kg弱のアオリイカをゲット!!
ここはあまりイカ釣りしてる人がいないのでいいのかも、当たったのは良いと言われる左流れではなく、右流れが出ている時だった。


5/7
友人と2人釣行
アジ屋さんでいつも西伊豆でお会いする釣り人Mさんと再会!釣り場までご一緒する。
Mさんは更に南下するため離脱。
夜中からカゴ釣りをしますが、例年この時期に釣れるアジ、今年は全然居ないようです。

何もないまま夜明けへ。
夜が明けて朝マズメをやりますが、カゴ釣りはなんと自分一人だけ!
他8名程は皆ヤエンかエギング。地元の方までイカ狙いオンリーです・・

これは何だかイヤな感じがする・・という予感的中。
いつもは朝マズメ必ず小さくてもチャリコなどのタイ類が釣れて来ましたが本日はマジでウキ入らず、イカタンを付けて流したら立派なハコフグが釣れましたw
あとはコサバ地獄です・・w

イカはAM8時頃時合いが!エギングの方がまず1匹、そして友人に2.6kgの立派なのが!!ヤエン面白そう・・。

その後はお昼まで場所全体で何もなく、あんまりにも釣れないもんでサビキ釣りとかしてみました。
コサバの他にシマアジの子供、メッキ、コアジが釣れました。
これからシマアジやアジが大きくなるのが楽しみです~!!


休憩後、前回のポイントに入ります。
ここでも友人が2回イカの当たりを出し、1kg位のを1匹ゲット!!初の数釣り!!遂にヤエンに慣れてきたようです。素晴らしい。一回目のアタリは右流れ、2回目に釣った時は左流れが出ていました。あんまり潮の向きは関係ないようです。

カゴ釣りは最後までコサバ地獄から脱出出来ませんでした・・。
PM6:30撤収です。

持ち帰り釣果:なし

<本日の反省>
投げ方の練習でした。楽器の練習のように一回スピードを落として正しいフォームを身に付けようかと思います。あと釣り場で何度かお会いする方のインプレッサ570を投げさせて頂いたんですが、凄く柔らかくて軽かった。どうも最近の自己分析ではEVのように硬い竿ではなくて柔らかい竿の方が自分に合っている気がする。
そしてそもそも場所によってはカゴ釣りでなく、イカを狙うのもいいかなと思いました。
ヤエンを見ていて凄く面白そうだし、ラインが走った時、タイミングを計るとき、寄せる時、ヤエンを入れるときのドキドキはこっちまで伝わってきました。
シンプルだから難しそうな釣りですが機会があればチャレンジしてみようと思います。

軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP

tailwalk ELAN SUPER WIDE POWER 71BR
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
夜:ウキICBM12号、よ~ぜふカゴ夜光2型12号
ハリス2.5号1.5→3ヒロ
マダイフロートピンク→ブラック
インブライトマダイ8号→伊勢尼ブラック9号
アミエビコマセ+夜釣りパワー白、オキアミ&イカタン付けエサ
昼:原田ウキ15号、よ~ぜふカゴブラック2型15号
ハリス3.5号3ヒロ→2.5号3ヒロ
マダイフロートブラック
インブライトマダイ8号→伊勢尼ブラック9号
オキアミ刻みコマセ、オキアミ&イカタン付けエサ

2019年4月17日水曜日

2019 4/16 西伊豆

お昼~深夜にかけて行ってきました。

PM2:00現着

海は良い感じの濁りが入っており水温も先日より少し上昇、状況良さそうです。
友人と一緒にカゴ釣りを始めます。
今回、より正確に底を取りたいと思い、渓流の目印が使えるんじゃないかと思い試してみましたが、割と正常に機能してくれ、しっかりと底を測ることが出来ました。
ウキ止めの替わりに付けて投げ込むとカゴの重さで糸が滑っていくので結構いいかもしれません。
時間をかけて丹念に探ると、自分の距離で最深19.6mありました。
そこから左側にかけて14mくらいに浅くなっているようです。

右寄りに投げ込んで潮が左に動けば熱いと思い、棚を13mに設定。
水深19~15m付近までの範囲を流していきます。
ハリスは3.5号、これは潮に良い濁りが入っていたのでこの号数で行けると判断。
最初はエサが残りましたが、配合エサを少し混ぜるとエサが無くなったのですぐに止めてクラッシュオキアミオンリーにしました。
ってかコサバがもう居ますね・・!
針も黒に変更。釣り人少なく十分なドリフト時間を確保出来たので、よ~ぜふカゴ穴の締め方を小さくし、誘いも行わず長時間付けエサを無事に流すことに注力します。
潮は右に左にころころ変わりますがかなり緩やかなので、いつものマダイフロートブラックを付けておきます。


開始から3時間後のPM5:00頃
良い左流れが出た時、突然ウキが入りました!!
大きくはないけど、この引きは!!!待ってました!!!赤いのです!!

嬉しい嬉しい狙って獲ったマダイ。
少しだけ自己記録更新、これまで28cm→今回泣きの30cmということにさせて下さいw
最高にカッコイイし美しい魚だ!!!
まだ伊豆のノッコミタイ類はあんまり釣れてないという情報しかなかったので、これは本当に嬉しい。

更に自分がやり取り中に浅い方を攻めていた友人のウキもIN!
上がってきたのは45cmUPの立派なクロダイでした。
これは時合いかと思い、急いで次を投げ込みますがそう簡単にはいきませんでした。しかし今回色んな人から教わったりブログを参考にさせて頂き、それらを噛み砕いた自分なりの攻め方で一つの正解に辿り着けたことがとても大きな収穫でした。


陽も暮れたので食事休憩を挟み、浜に行ってみることにします。
PM8:00着
さっきまで風が強くまだ少し残っていますが、予報通りすぐにおさまりました。

釣り人は2人。50m程距離をとってお隣に入ります。
自分達の入ったところは前回より沼津港寄り、少し場所が違うだけなのに前回より随分浅い印象です。自分の距離で水深は14m程。
アジ狙いですので最初は底ギリギリが良いかと思いやっていましたが、よ~ぜふさんと丁度連絡を取っておりヒントを頂きました。
最初、ハリスが底を這っているであろう状態の時に結構良い型のオニオコゼが釣れました。
高級魚ですので毒背びれを落としてお持ち帰りします。
その後色々試してみますがフグが時折釣れたのと、棚を落とすとやっぱり小さいカサゴが釣れたりしました。その内風が完全に止まり浜が湖のようになりました。潮も左に流れていたのが殆ど止まってしまい、結構長いこと釣りしてましたのでAM1:00撤収となりました。
浜の正解を出すために今後も通いたいと思います。


持ち帰り釣果:マダイ30cm
オニオコゼ
友人の釣ったクロダイ(今回都合で持って帰れないとの事で有り難く頂きました)

<本日の反省>
釣り場の把握って本当に大事だなと思いました。時間を掛けてもいいので今後も底をしっかり取って釣りを組み立てていこうと思います。
マダイくんありがとう!今後更なるサイズアップを目指します。
浜はまだまだ未開拓な部分が多い。場所によって水深の変化が凄いので、ここもしっかり探ってアジやその他狙った魚を釣りたい!!

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
tailwalk ELAN SUPER WIDE POWER 71BR
レグロンネプチューン6号、誘導天秤(半誘導)
昼:原田ウキ15号、よ~ぜふカゴブラック2型15号
ハリス3.5号3ヒロ
マダイフロートブラック
インブライトマダイ8号→伊勢尼ブラック9号
オキアミクラッシュコマセ+夜釣りパワー白(微量)、オキアミ付けエサ

夜:ウキICBM12号、よ~ぜふカゴ夜光2型12号
ハリス3.5号2ヒロ
インブライトマダイ8号→伊勢尼ブラック9号→下田カブラ夜光
アミエビコマセ+夜釣りパワー白
オキアミ&イカタン付けエサ

2019年4月10日水曜日

2019 4/9 西伊豆

今月は時間があるのでたくさん釣りにいこうと思います!
「春」に釣るパターンを見つけるぞ~。

久しぶりに友人2人と計3人での釣行。
AM2:00現着

さっきまで大荒れだったようで、ウネリが凄いです。しかし風は全然強くないのでこれから穏やかになるはず。
毎年この時期になるとアジが周ってくる釣り場ですが、先日からの水温低下が気になります。水はまぁ前回の沼津よりは暖かいかな。

夜からカゴ釣りで始めますが、最初はウネリのためかエサが丸残り、2時間ほどで電気ウキもまともに視認出来るほどに落ち着きますが、ネンブツダイがアタリもなく針に掛かっています。潮はゆるゆるで殆ど停止状態。
フロート、ハリスの長さ、針の地味化、棚上げ、アミエビと夜釣りパワーの配合、コマセの出る穴の締め具合など試行錯誤でトライしていきますが夜明けまで特に状況に変化なし。
後は投げ込む場所を時々変更させるくらいですが、アジが居ると仮定して、食わないもしくは食わせられない場合、これ以上出来る事はあるのかな??
まだまだ修行が足りないなと感じます。



夜明けも段々早くなり5時過ぎには明るくなります。
そろそろ電気ウキいらないくらいでウキが入ったり出たりします。
チャリコくんが釣れました!針飲みでお持ち帰りします。
そこから急にエサ取りが引きました。これはチャンスと日中装備に切り替え十分に流したところでウキが入ります。手のひらサイズですがチャリコ×2とヘダイを立て続けに追釣。やる気があるようで殆ど針飲みされています。
潮は変わらず緩々です。
友人も起きて来て一緒にコマセを効かせますが、良かったのは朝の一瞬くらいでした。
その後フグらしき針取られでエサにイカタンを付けますが、ガジガジされた跡が残ります。オキアミではどうもエサが残りません。

潮もこの場所には珍しく、終始緩々で動かず先に上げた対策だけでは万策尽きてしまいました。ドラマは起こらずPM1時終了となりました。
まぁでもやっと今年初めてのタイに巡り合えました。
帰港した釣り船には立派なタイが数枚入っていたので、引き続きもっと大きいのを狙っていきます。


久しぶりに堤防の常連皆様ともお会いでき楽しい釣りとなりました!


釣果:チャリコ×3 ヘダイ×1 (針飲みの三匹持ち帰り)
<本日の反省>
投げ方でもう一歩前進がありました。今までどうも投げる際のフィニッシュ時に体も前のめりに変化していたよう。終始胸を張るイメージで投げることを教えて頂き意識すると軌道と距離が更に良くなってきました。あと勝手に手が引けるようになってきた。
とにかく自分に合った基本姿勢を体に叩き込みたい。
そして目的魚種を引き出す工夫が今一歩足りてない。魚の習性や色んな釣り方を理解してもっとカゴ釣りに応用していきたい。

両軸タックル:SHIMANO 磯遠投EV4-520RP
tailwalk ELAN SUPER WIDE POWER 71BR
レグロンネプチューン8号、誘導天秤(半誘導)
夜:ウキICBM12号、よ~ぜふカゴ夜光2型12号
ハリス2.5号1.5→3ヒロ
マダイフロートピンク→ブラック
インブライトマダイ8号→伊勢尼ブラック9号
アミエビコマセ+夜釣りパワー白、オキアミ&イカタン付けエサ
昼:原田ウキ15号、よ~ぜふカゴブラック2型15号
ハリス3.5号3ヒロ
マダイフロートブラック
伊勢尼ブラック9号
オキアミクラッシュコマセ、オキアミ&イカタン付けエサ